ビジネス使う敬語

ビジネス敬語は上司に合わせて

ビジネス敬語は流動的です

ビジネスの上司に対しては敬語が欠かせません。そのため、巷には多くのマナーを指南してくれる本が並んでいます。しかしそれが必ずしも、自社で通用するとは限りません。本来、言葉というものは柔軟性のあるもので、捉え方は人それぞれです。一般的な、承知しましたという応対でも、かえって違和感を覚える人も珍しくはありません。そのためまずは、社内で交わされる言葉遣いを注意深く観察することが肝要です。そこから、もっとも望ましい受け答えを見つけることが、第一歩となります。上司へのビジネス敬語は、単なる言葉遣いではなく、高いコミュニケーション能力が求められるのです。

上司とのコミュニケーション

ビジネスの場面において必ずコミュニケーションを取らなければならないのが上司であり、関係が良いかどうかで仕事が効率よく進めることができるかどうかが決まります。そのためには受け身にならないことが大事です。仕事で分からないことがあった場合はすぐに聞きそして覚えようとする努力を見せることが大事です。そして仕事のこと以外でも積極的に話を自分から行っていくことで相手も徐々に心を開いていきます。ビジネスの世界では人脈というものが大事な仕事になればなるほど大事な要素になるので日ごろから周りの人とのコミュニケーションは大切です。

↑PAGE TOP