ビジネスでの印象

ビジネスシーンで印象の悪い上司

ビジネスシーンでは挨拶が大事

自分にとって印象の悪い上司がいる職場は、大変居心地が悪く、仕事にも集中し辛いものです。しかしビジネスシーンではそんな理由で仕事が上手くいかないなんてことは到底認められません。では、一体どうしたいら良いのでしょうか。印象の悪い上司には、積極的に自分から挨拶をするよう心掛けることです。その挨拶についても、なるべく明るい快活な声でハキハキと行いましょう。挨拶はどんなシチュエーションでも人付き合いの基本となる大切なもの。ですからビジネスシーンでも挨拶をうまく利用して、居心地の悪い環境を少しでも良い物に変えて行きましょう。こちらから明るくコミュニケーションを取ろうとすれば、きっと相手も心を許して、本当の優しい部分を見せてくれるはずです。

仕事において上司との行動

ビジネスにおきまして、時には上司と共に行動する場合があります。その際に気を付けた方がいい点としましては車で行動する場合は基本的には上司に運転をさせる事は、失礼に当たります。また、エレベーターやドアを開ける際には基本的には下の人間が行う事が基本となっていますので注意が必要となってきます。ビジネスで出かけた際には途中や帰りに食事をする場合がありますが、この時におきましては、お会計をする際にはほとんどの場合が上の方が出してくれます。この時は一度は自分でも出すふりをした方が良いです。夜となれば2軒も行ってしまう場合もありますがこの時も同様の行動が必要です。

↑PAGE TOP